« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

アレン・カーの悲しいニュースを聞いて

子どもが欲しいなと思い始めたのは4年前。

そのときの私は一日一箱以上のタバコを吸う、ちょっとしたヘビースモーカーだった。

どうにかしないとなと思っていたときに『禁煙セラピー』に出会う。

半信半疑で読み始めたものの、読みすすめていくうちにものすごい衝撃に見舞われた。

読み終えた瞬間から、見事、ノンスモーカーになったのである。

今日まで、タバコを吸いたいと思ったことは一度もない。

反対に、タバコの煙が大嫌いになり、タバコを吸う人の気持ちがわからなくなってしまった。

ものすごい変わりようにたつや君びっくりみたいな。つーか、迷惑みたいな。

私の人生に光を射してくれた『禁煙セラピー』の著者、アレン・カーに心からありがとうと言いたい。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »